一般カード

一般カード

ラインナップの中では最も基本的なカード。
利用限度額は利用期間にもよるが50〜100万円程度まで上がるため、通常の買物といった目的であれば必要にして十分な機能を備えている。
通常このグレードのカードの年会費は1000円程度、または無料で発行しているものも多い。
カード発行会社によって「クラシックカード」「ベーシック」などの名称がある。

ゴールドカード

ゴールドカード

さらに多くのサービスが付加されるグレード。
利用限度額は一般カードより高めに設定されており、初期与信で概ね50万円〜100万円程度。
発行会社によっては500万円という与信を与える場合もある。
空港での有料ラウンジの無料利用やカード会社によるホテルや娯楽施設の案内・予約代行等のサービスを利用できる。
家族カードも1枚目は無料といったところが多く、旅行保険やロードサービスが無料といった特典がつくものが多い。
年会費は5000〜10000円程度。
また、収入が少なく信用度が低い20代向けの「ヤングゴールドカード」も存在し、機能や年会費は、概ねシルバーカード同様である。

ブラックカード

最上級のクレジットカード。
プラチナカードの保持者の中から特に優良(決済額が多く、支払いの滞りも無い)な会員に対して、カード発行会社による招待でのみ入会が認められ、特別に付与するという位置付け。
欧米においては黒はもっとも高貴な色とされており、券面の色が黒であるため、俗に「ブラックカード」と呼ばれる。
年会費も下位グレードのカードに比べて高いが、利用限度額が比較的高額に設定される上、充実した旅行保険や、24時間対応の更にきめ細やかなコンシェルジュサービスが特徴。
シティカードジャパンの「ダイナースクラブ・プレミアムカード」(国際ブランドは Diners Club)、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)の「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」(国際ブランドは AMERICAN EXPRESS)がこれに当たる。

ブラックカード

▲Page Top

無料 レンタルサーバー